不当要求とは


不当要求とは、法的根拠のない要求法的根拠があるとしても過大な要求を相手方が求めてくるケースをいいます。

 

法的根拠のない金銭請求を繰り返してくる場合や、過剰に電話・面談等を相手が強要してくるケースなど様々なケースがあります。

 

不当要求に対処するには、正確な法的知識が必要となります



不当要求の解決方法


不当要求に対しては、まず相手方の要求を法的に分析する必要があります。

 

そのうえで、要求が法的根拠のないものであれば拒否する、法的根拠のあるものであれば根拠のある範囲で要求に応じるなどの対応をとることとなります。

 

なお、弁護士が依頼を受任した場合、相手方に今後の連絡は弁護士にするように通知します。

そのため、過剰な電話、面談の強要等をすぐに防げるケースが多々あります。

 

また、不当な要求をしてくる人には、要求が不当であることを分かっているしているというケースも多々あります。

その場合は、不当な要求により、精神的に追い込み、自らの不当な要求を押し通そうとしている場合が多いといえます。

 

不当な要求によりお困りな方は、精神的に追い詰められる前に、ぜひ当事務所にご相談ください。

こんな方はご相談を


・不当な請求を執拗に繰り返されている方
・拒否の意思を示しているのに執拗な要求を受けている方
・クレーマーに悩まされている方

   


不当要求の弁護士費用


着手金  20万円~ +税
報酬金  20万円~ +税

交渉期間等を考慮し、費用を判断させていただいておりますが、基本的には20万円+税です。

詳しくは法律相談の際に判断させていただき、ご説明します。


不当要求の解決事例


詳しくは「不当要求の解決事例」をご覧ください。

なお、法律相談をご検討中の方は

「初めて法律相談をされる方へ」のページをご覧ください。


フジソウ法律事務所

TEL:088-855-5742   

高知県高知市永国寺町2番2号ノアハウス3階3B

※電話受付:月~金9時から18時 

※土日祝対応希望の方は平日にご予約ください。