【高知市】突っ込みどころ満載!桂浜水族館

かつらはーーーま水族館っ!!!!

 

今回は内容量が多すぎて、前編後編の全2作でお送りしようと思ったのですが、もういいです!無理くり一個に収めました!!ww

 

だって。

桂浜水族館面白すぎる!!!

どうやっても一つにすると、長くなりすぎる!!!!

だから今回のブログは長い!!!!w

過去1の長さかもしれませんww

それくらい好き。

 

何が好きかって、、、?

 

「突っ込みどころが満載すぎる!!!!」

 

そこですね。

 

今回、無類の水族館好きの私が、日本の中でも、突き抜けた面白さで、1,2を争うと自負する、桂浜水族館をご紹介します☆

 

 

 

ということでやってまいりました、桂浜水族館!!!

 

その名前のとおり、桂浜の眼前の眼前。

メイン桂浜(勝手に命名)の目の前にあります。

 

 

 

桂浜水族館さんは、ネット戦略にとても長けております。

おもしろい、いや突き抜けた試みをたくさんされていて、私を含むネット民の心をわしずかみ。

 

ちなみに、公式ツイッターには、今月の割引条件が掲載されております。

この記事を書いている2018年11月は「チンアナゴ割」だそう。

公式アカウントのフォロワーさんで、チンアナゴグッズを持参の高校生以上の方入場料半額になるそうです!!!

 

まじかぁぁぁぁぁ!!家にある!!!!!

もう一回行こ!!!w

 

ということで、公式ツイッター要チェックです☆

 

なんというか、高知に来てすぐは(所見の人のために、筆者はよさこい移住者です)、桂浜水族館さんの良さを知らなかったものでして、高知にある小さな水族館というイメージしかなかったのですが、、、。

 

桂浜水族館、思ったよりイベント多い!!!

 

 

 

課金という表記www
課金という表記www

あれ?!有料?!と思ったそこのあなた。

大丈夫。ほぼ、100円。(違うものもあった気がするので、ハマスイさん(ネットユーザーに愛されている桂浜水族館の呼び名)に確認してね☆きらっ☆)

今時の自販機よりも安いですね。

 

 

さてさて、こんだけハードル上げたからには、なんぼのもんじゃい!!!

と思われたと思います。

 

見よ!!

 

桂浜水族館!!!

 

 

ばばばばーーーーん!!!!

ふ、ふつう・・・?

 

「こいつ、こんだけハードル上げておいて、普通やないか!!!」 

 

まぁまぁまぁまぁ。

そう焦らないで。

 

桂浜水族館。行ってみてもらえばわかるのですが、結構小さい水族館なのです。

私が行った水族館の中では、一番小さい。

けれど、一番天才的。

創意工夫が素晴らしいのです。

 

ちなみに、桂浜水族館は、室内と室外両方あって、室外はペンギンやカワウソ、アザラシ、カピバラ等がいます。

  

 

こちら室内ゾーン。

小さいですが、数々の魚の展示がされています。

それでは、紹介していきましょう。

 


▶食べる気満々の展示

 

じゃーーん!!!

こちらが話題の展示。

一見普通のお魚展示。

 

ふむふむ。オオニベという魚のようです。

 

以下抜粋。

 

「ニベやグチの仲間じゃ。」

「身はやりこいけんど、味はえいきに塩焼きやフライ、すり身もえいぜよ」

 

塩焼き、、?すり身、、? 

 

 

こちらはシマフグ。

 

「磯やハエのまわりを泳ぎ回るきれいなフグぜよ。」

「毒があるきに食べられんけんど、専門家が料理したらけっこううまいもんぜよ」

 

 

 

 

食べる気満々や!!!!www

 

 

次は伊勢海老。

 

 

えーーーっと、、、。

 

 

フライ。刺身。焼きもの。

煮物。みそ汁。

 

 

おしながき!!!!!!www

 

ついには伊勢海老、おしながき書かれてます泣ww

 

しかも料亭に寄せててちゃんとそれっぽいです泣

 

高級料亭の雰囲気あります泣

食べる気満々です泣

 

 

▶急なるポエム

 

続いての展示はハリセンボン。

 

以下本文抜粋。

 

 

Aメロ

ああ、どうして意地悪しゃうんだろう?

膨らんでおこるその顔が見たいからかな、、、、、

 

 

 

 

、、、、急なるラブソング!!!!!!www

 

 

 

ついにはデュエットソング!!!!www

 

 

 

 

深い!!!!!!!

 

水槽を見てこのデュエットソングが舞い降りたんですね。

 

世界観がすごいです。

恐るべし、桂浜水族館!!!!

 

 

 


▶恐怖を逆手に!体験型アトラクション

 

ウミガメに噛みつかれたら、ほんと危険だそうで、人間の指程度なら余裕で食いちぎる顎の強さ。

 

こんな感じで、亀の水槽の周りには「カメ危険」ポスターが、、、!!!

 

そうそう、手を近づけてはいけません!危険ですからね!!!

 

 

を逆手にとったこちら!!!!!

 

 

「タートルズ・スリラー」

 

斬新か!!!!www

 

いやーー、一昔前に来たときは、柵がされていたような気がするんですが、

あえてそこを取っ払い、アトラクションとして取り組んでくるとわ、、!!!

スリラーとかじゃなく、ほんとにやばいやつ!!!!ww

 

 

 

こちらで餌をあげられるんですが、、、。

 

 

 

見て!!!こいつらヒレの力尋常じゃない!!!!ww

 

次から次へとウミガメがひしめき合いながら、上がってこようとする!!!

こえええええええええww

 

ウミガメに餌をやっていた、女子集団の悲鳴が、館内に響き渡っていましたww

 

 

 

 

▶こんなかわいい触れ合いも

 

こちら、筒の中に餌を入れて、

カワウソとタッチできるという素敵体験!!

こちらも有料ですが、これは楽しい!!そしてかわいい!!!

 

 

 

お手手!!お手手!!!

(触りながら撮ってるので、写真が興奮気味)


 

あらぶれるカワウソ様www

こんな近くでカワウソ様の野生感あふれる咀嚼を見れるとは、、。

 

さすがハマスイ。ごくり

 

 

 

▶げにまっこと痛いわえ

 

そしてこちらもかわいい展示♡

ペンギン!!

一羽一羽にネームタグがついていて、高知の偉人の名前がついたペンギンとか、急にかわいい名前とか、そういうお気に入りの子を探すのも楽しい♡

餌やりもできます♡

たのしい♡

 

 

 

おやおや。こんな看板が。

なになに?

 

 

”くちばしがえらい(強い)きに、げにまっこと(本当に本当に)いたいわえ。”

 

 

えーーーーーーーーーーーーーwww

普通、「檻の中に手をいれないで!」とかなのに、「くちばしが痛い」という斬新な説明www

 

 

しかもしかも、、、。

これはある種、桂浜水族館さんからの挑戦状なのか、、?

 

 

この、本気出したら、余裕で手をつっこめる檻の高さwww

 

 

 

 

さ、、、さわりたい、、、。

 

でも、さきほどのさりげない看板が頭をよぎる。

 

げにまっこと痛い、、。

しかも訳が「ほんとにほんとに痛い」って”ほんとに”2回繰り返されてるあたりに、恐怖心を覚えるww

 

 

これはもう、、、、、自己責任ってやつですねww(突っ込む前提で物事考えるなよw)

 

小心者の芳村は、手を突っ込むことはできませんでしたww(いや、だからそういう振りではないww)

 

みなさま、げにまっこと痛いですよ。

お気をつけくださいw(おすなよ?絶対におすなよ?!ぜーーーーったいに、、)

 

 

 

▶かつお節とゆずアイス。

 

 

目を疑うことなかれ。

 

あなたが見ているのは、そう。大丈夫。

 

 

 

「かつお節」と表記されています。

見間違えじゃございません。

 

かつお節とゆずアイス。

 

ごめんなさいブロガーとしては、頼むべきところなのですが、保身に走ってしまい、、、。

 

じ、次回は頼むね、、、!きらっ☆

 

 

 

 

ということで、長い長い記事を最後までお読みいただきましてありがとうございました!!!!

 

個人的に最高の桂浜水族館。

愛がこもりすぎました!!!w

おとどちゃん!私の愛が伝わりましたかーー?!!w

 

その他おすすめしたいところがたくさんあるのですが、それは行ってみてのお楽しみ♡

 

 

これからも、桂浜水族館さんの”攻めの姿勢”を楽しみにしています!!!

 

 

 

 


桂浜水族館

住所:高知県高知市浦戸778 桂浜公園内  

電話番号:088-841-2437

定休日:なし

料金:一般1200円(詳しくはHPをご覧ください)

営業時間:9:00-17:00(平日)

 


ー関連記事ー