不貞の慰謝料


1. 不貞の慰謝料とは


婚姻期間中の男女と異性間権を持った場合、いわゆる不倫を行った場合に発生する慰謝料のことを不貞の慰謝料といいます。

 

この慰謝料は、不倫をした配偶者だけでなく、不倫をした相手方にも支払義務が生じます。

 

つまり、不貞の慰謝料は、配偶者と不貞相手が支払うべきものとなります。

 



2.不貞の慰謝料が認められるには


配偶者及び不貞の相手方が不貞を認めている場合は、ほかに決定的証拠がなくとも、不貞の慰謝料が認められます。

 

もっとも、不貞の事実について否定する場合は、それなりの証拠がなければ不貞の慰謝料請求が認められません。

 

たとえば、ホテルなどに二人で宿泊したことを示す証拠や、肉体関係が疑われる内容のLINEやメールなどの証拠が必要となります。

 

これらの証拠がない場合は、不貞の慰謝料請求が認められない可能性があります。

 

なお、肉体関係を示す証拠がない場合も、不貞に準ずる行為として慰謝料請求が認められる場合はあります。

 


3.不貞の慰謝料を請求したい場合


不貞の慰謝料請求をご検討の方は、こちらをご覧ください。

 

 


4.不貞の慰謝料を請求された場合


不貞の慰謝料を請求された場合、その対処法については、こちらをご覧ください。

 

 


5.不貞の慰謝料に関する弁護士費用について


不貞の慰謝料請求についての詳しい費用を知りたい場合は

 

費用についての不貞の弁護士費用についてをご覧下さい。


不貞の慰謝料請求に関するページ


なお、法律相談をご検討中の方は

「初めて法律相談をされる方へ」のページをご覧ください。

 

 



藤宗本澤法律事務所(旧フジソウ法律事務所)

TEL:088-855-5742   

高知県高知市はりまや町1丁目5-28はりまや橋ビル4階

※電話受付:月~金9時から18時  (年末年始12/28~1/3を除く)

※土日祝対応希望の方は平日にご予約ください。