交通事故の解決事例


1、約1ヶ月でのスピード解決 (450万円増)


自転車にまたがり立っていたところに、車が衝突。

骨折を含む傷害を負い、治療を続け、後遺障害14級と認定された。

その後、加害者側の保険会社から損害賠償案が提示された。

 

当初の保険会社からの提示金額は350万円であった。

当事務所が損害額を計算し直した結果、全体的に提示が低額であることが判明。

当事務所が示談交渉を受任。

なお、依頼者加入の保険により弁護士費用担保特約の使用が可能であったので、弁護士費用担保特約を使用して当事務所が受任した。

 

 

 

-結果- 

 

休業損害、後遺症による損害、遺失利益等を保険会社と交渉した結果、合計800万円の支払いでの示談が成立。

依頼を受けてから約1カ月でのスピード解決となった。(450万円の増額)

また、弁護士費用担保特約を使用し、依頼者の弁護士費用の負担は0円での解決となった。

 

  • 450万円の増額
  • 一ヶ月でのスピード解決
  • 弁護士費用担保特約使用のため負担0円

 


2、スピード解決事例(解決まで2~3週間の事例)


 保険会社から損害賠償の提示があり、当事務所が損害を再計算し、交渉した結果

-結果-

 

 
  • 約40万円の増額(解決まで2週間)
  • 約80万円の増額(解決まで3週間)
  • 約54万円の増額(解決まで3週間)

 

 

 

 ※なお、増額分が数十万円単位である場合でも、弁護士費用担保特約をご利用いただける場合は、弁護士費用の負担は0円となり、ご利用いただけない場合でも、当事務所は、完全成功報酬を採用しておりますので、弁護士費用倒れの心配はありません。くわしくは「交通事故の弁護士費用」のページをご覧ださい。


3、訴訟での解決事例(1200万増額)


 歩行者と車の事故。被害者はお亡くなりになり、ご遺族からの依頼。

 保険会社との交渉では、過失割合などが争点となり、交渉での解決は不可能と判断。

 訴訟提起をするに至った。

 

-結果-

 

訴訟提起の結果、保険会社提示額よりも1200万円の増額となった。

提示金額よりも増額されたため、訴訟提起を選択したことが功を奏した結果となった。

  • 1200万円の増額

4、交渉による解決事例(約550万円増)


車と車の事故。依頼者には後遺症が骨の変形等の残る結果となった。

保険会社からの示談提示を受け、当事務所が再計算した結果、後遺症による労働能力喪失等が適切に考慮されていなかった。

当事務所が示談交渉を受任し、交渉を開始した結果、残存した後遺症によれば、後遺症による労働能力の喪失が当方主張ほどないと反論され、労働能力の喪失が争点となった。

 

 

-結果-

法的な議論が中心となったため、交渉では、保険会社側も弁護士を立て、双方が労働能力喪失について主張を行った。

約3か月間の交渉の結果、当方主張が概ね承諾され、保険会社提示額よりも約550万円の増額で示談が成立した。

法的な見解の相違があったが、法的論拠と法的に妥当な結論を主張した結果、示談での解決が可能となった。

 

  • 550万円の増額

※交通事故関連ページ

なお、法律相談をご検討中の方は

「初めて法律相談をされる方へ」のページをご覧ください。